So-net無料ブログ作成

お散歩の定義 [お散歩]

image-20150209002718.png

僕は財布を持たないでよく散歩します。

そしてどこまで行けるかギリ行ってみるんです。ここが限界ってとこまで歩いてみるんです。生理的に喉カラカラになるまで。

で、そこからなんです。徒歩でしか帰れない状態で家路を急ぐんです。そこが気持ちいいんですよ。

帰る術を知らない子どもの心境っていうのかなぁ?大事でしょ?そういうの。その点、大人はいつもズルいんです。もちろん、いざとなれば交番で金借りるなり、公園で水飲むなりのライフラインはあるとしてですよ。

前も言ったけど僕は子どもの頃、小学校まで毎日往復6キロ歩いてました。夏なんかはほんと喉渇いて途中の民家で水飲ましてくださいって庭先の散水用のホースの水を飲んでました(笑)生ぬるい錆びたような味は今も忘れられない。もちろん途中、買い食いなんて出来ません。ま、しようにもお店もなかったですがね^^;

コンビニの買い物だってさ。子どもの頃は買うものに見合ったお財布で行ったでしょ?大根と牛乳買ってこいって300円とか持たされてさ。ちゃんと対価交換するプロセスを頭で考えてお店に入ってたでしょ?それが今や携帯やスイカやパスモで買える世の中ですからね。お店入る前に財布の中身見てます?

今の世の中とかく便利すぎるんです。不自由さは人間に必要なんです。極論言えばスマホも財布も持たないで歩く。でしょうね。音楽もなくてね。そういう雑念なしで10キロも歩けばさ。なんか良くない? で、道に迷ってさ。

そもそもさ、GPSはほんと人間をレールに載せちゃったね。帰り道に豆なんて撒いてちゃダメなんですよ。(笑)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0